美味しい梨ができるまで

<栃木認定エコファーマー> 私たちがおいしい梨を作っています。

エコファーマーとは?・・・持続性の高い農業生産方式導入計画を策定し、県知事に認められた農業者を「エコファーマー」と呼んでいます。

 

人工授粉

梨を作るためには、異なる品種の花粉を授粉させることが必要です。しかし、授粉がうまくいかないと梨が実らなかったり、小さくて形が良くない梨になってしまいます。そこで梨の花が満開の時に授粉作業を行います。

摘果

 花芽に複数結実した実を整理、不要な実を落とします。また、樹や枝全体に対しての実の数を調整することにより、実の成長を促したり、樹勢が衰えないように調整します。

収穫

熟した梨は、上方に持ち上げるようにすると軸が簡単に外れて収穫する事ができます。美味しい梨を食べていただくには、色合いを見て、適期の実を収穫することが肝心です。

剪定

梨はもともと立木の性質を持っている樹です。剪定は、いらない枝を切り必要な枝を鉄線棚に誘引する作業です。剪定のやり方で実のなり方も変わります。2年後、3年後とその樹の先を見すえて考えながら行います。

梨園の四季

春の梨の花

春爛漫

秋の紅葉

冬の氷柱