美味しい梨ができるまで

<栃木認定エコファーマー> 私たちがおいしい梨を作っています。

エコファーマーとは?・・・持続性の高い農業生産方式導入計画を策定し、県知事に認められた農業者を「エコファーマー」と呼んでいます。

 

人工授粉

梨を作るためには、異なる品種の花粉を受粉させることが必要です。
この受粉に失敗すると、梨の実が全く出来なかったり、小さくて美味しくない梨になってしまいます。そこで、梨の花が満開の時に受粉作業を行います。

摘果

花芽に複数結実した果実を整理(不要な実を落と)します。
また、樹や枝全体に対しての着果数を調整することにより、果実の成長を促したり、樹勢が衰えないように調整します。

収穫

熟した梨は、上方に持ち上げるようにすると軸が簡単に外れて収穫する事が出来ます。
無理に引っ張ったりすると、軸の根元部分に負荷がかかり、翌年の葉芽を痛めます。
梨の実を持つ。→梨の実を持ち上げる。→軸がぽろっと外れます。

剪定

梨はもともと立木の性質を持っている樹でそれを平の鉄線棚に誘引して作ります。
しかし、樹の性質上どうしても樹冠内部(幹の中心)が多く強く伸びるので、それを先端部にまで養分が十分にいきわたるように枝の剪定をおこないます。

梨園の四季

春の梨の花

春爛漫

秋の紅葉

冬の氷柱